norihighのブログ

過去の自分へ向けて発信していきます!

抑えきれない負の感情

先月の勤怠、残業120時間。
休日出勤しないでこれか。。
このご時世でありなのだろうか。。
毎朝6時出社、帰り終電。
たまにオールナイト。

必死こいて目の前の業務やっても納期に間に合わない。
先輩社員やら顧客に怒られる。
上司には生産性が悪いと指摘される。
早く帰ったところで業務はたまる一方。
成果出せなくて怒られる。
結果を出そう!と若さに物を言わせて時間でリカバーしようとする。
業務時間が長いと怒られるし、疲れで注意力が散漫になりミス連発。
営業成績同期でビリ。
まさに負の連鎖。

プライドが毎日ズタズタにされてる。

感情を失いつつある。
人の生活では無いよな。

なんのために仕事をしているのだろう。

果たして成長しているのかどうか。

でも、人生振り返った時、
苦労の先に栄光もあった。

今は忍耐の時なのか。
すかさず環境を変えるために、動くべきなのか。

モヤモヤとして、なにもはっきりしない。
本当に辛いな。。

こうしてプログに書かないと耐えられない自分が痛い。

電車で寝ます。
おやすみなさい。

なぜ中国人は列を割り込むのか

怒涛の9連休も終わり!
香港・マカオ生活から一転して、リーマン生活へ戻りました。
非常に密度の高い連休でした!

さてさて、
表題の問いですが、
日本人誰もが一度は疑問に感じたことがあるのではないでしょうか。
その度に「人として恥ずかしいな」と感じた経験があると思われます。
この5日間もショー・カジノ・バスなどの列に並んでいたら、容赦無く割り込まれました。笑

この問いを解き明かすために、バーにいた中国人に酔った勢いで聞いてみました。

中国人「中国は競争が激しくて、“少しでも遅れたら負け”という意識が染み付いているんだ。むしろ、なんで日本人は並ぶのが好きなんだ?」

ルールやモラルがあるのは理解しているが、
目の前の利益を掴み取ることが彼らにとって最優先事項とのこと。
そのためには、わずかなしかなくても列は割り込むし、車の車線変更もするし、信号も無視するとのこと。
一方で、日本人は周りの人との調和…「和」を大切にするため、ルールやモラルを守るというマインドがある。
つまり、中国人と日本人の間には根本的な「考え方・価値観の違い」があるのです。

決して中国人が劣っているだとか日本人が優っているということではないのでは?
ちなみに、
現地の中国人のほぼ全員が親切で感じの良い方でしたよ!
お互いの文化・価値観に対して、寛容になれば、仲良くやっていけるのではないでしょうか?

【マカオタワーのバンジージャンプした時、サポートしてくれた中国人】

“カジノの中心地”マカオに来てます!

怒涛の5連休をふんだんに使って、
海外へ飛んでおります。

まずは、マカオ!!!
朝5:30に起きて、
パパッと30ほどの世界遺産を走って眺めて来ました。

聖ポール天主堂跡

マカオは元々ポルトガル統治権を持っていて、その名残が建物にあります。
パステルカラーの建物ばかりで目がチカチカします。。

マカオって中国と違うの?って思いますが、
同じ中国でも香港同様に、
政府・警察機関・通貨・教育・言語が別々に存在してます。
中国本国は自力で!香港はイギリス主導で!マカオはポルトガル主導で経済発展して行きました。
一国二制度”(正確には三制度?)と言われてます。
なので、
同じ国であっても、中国本国・マカオ・香港に出入するには、パスポートが必要なわけで!
入国するには、許可が必要なのです!

今回、マカオ・香港に行きますので、
それぞれ違った文化を味わえそうです!
楽しみ過ぎる( ̄∀ ̄)

ではでは!

話題の映画「La・La・Land」

部長と課長の男気で、代休頂きました!
これを機に、
話題の映画「La・La・Land」観て来ました。

今まで観た映画で1番感動しました。
大好きです。
簡潔にあらすじを言うと、
感性が合う主人公の2人が恋に落ち、
苦労を共にしながら、自分の夢を追いかける…
ラブロマンスなミュージカル映画です。

この映画の良さを書き連ねると、
終わらないので2つに集約します。
①“好きを仕事にする”のはかなり難しい
自分からの視点で言えば、
成功の保証は無いが、エネルギーを全て注げるし、失敗しても一切の後悔は無い。
世間から見れば、他者から必要とされない限り、ただの自己満足。虚しい人。
自分が没頭する仕事の“価値”と世間の人々が求めている“ニーズ”が上手くコミットすれば、自己も他者も幸せになるのかなと。
好きを追求しつつ、人々の潜在ニーズにアンテナを張ることが大切なのかと。
②結婚相手は、仕事に“理解”がある人がベター
結婚相手は人生のパートナー。
相互の仕事に理解があることが大切だと思う。
一方が我慢してたら全くいいことは無い。
理解があるからこそ“気付き”を与えてくれる。
自己成長につながるし、お互い高め合える。遠慮はいらないのかなと。

総じて、
「中途半端では成功しませんよ?」
「何かを得たいなら、何かを捨てなければいけませんよ!」
というメッセージを感じました。
ディズニー映画のように全てハッピーエンドにしないところが、この映画の醍醐味だと思います。リアリティーがあってのめり込めました。

また観たい^ ^
これを機に頑張ります♪

俺の野望

業務終えました。
少し腹たったので、
この場を借りて僕の野望を宣誓!

「名実共にNo.1の営業マンになる」
「3年以内にレッドカーペットを歩く」

必ず実現させます。
プロセスを無視して、達成させてやります。

もう人に笑われるのは懲りた。
人前でブチ切れられるのも懲りた。
誰が鳴り物入りの新人だよ。
必死こいて顧客のために仕事してんのに、
あざ笑いやがって。

今に見てろ。
圧倒的な数字を叩き出して、
お前ら全員100倍返しにしてやる。

結果に拘ったリーマン生活を送ったります。
そして、こんな会社踏み台にしてネクストステップに進んでやる。
我慢じゃなくて、逆に嚙みついたるわ。

ギラギラしてた生活に戻ります。
狂犬に戻ります!
Nothing is impossible

営業冥利

某時計屋さんの納品に立ち合いました。
たった1台の社長さん用特注デスクを、
3ヶ月にも及んでようやく納品出来ました。

ほんっっとにしんどかった。

先程担当者から感謝の言葉を直に頂いて、
その後メールでも連絡貰いました。
普通に涙腺緩みました。。。
朝から疲れで憂鬱でしたが、どこかへぶっ飛びました。

綺麗事ではなく、
頑張って良かったなって思いました。
サービス業の真髄です。

営業マン冥利に尽きます。

この快感を得るために、
これからもっともっと頑張ろう!!!

営業という仕事

学びの多い1日でした。

営業マンで大切なのは、
自分の中で「折り合いをつけること」だと思います。
ここまでなら許せる!
ここまでは許せない!
みたいな。
自分の行動に線引きが出来なければ、
もやもやした状態で仕事をしないといけない。

これは辛すぎるので、
僕なりに折り合いを明確にします!

①筋が通った話し合いをすること
②リスクがあったら、事前に顧客に伝えること
この2つを守ります!

ほとんど何言ってるか分からないと思いますが(笑)
新たな発見は、
僕意外と根は真面目だなと。笑

明日も頑張ります^ ^